​Mac内部ストレージの容量圧迫回避まとめ


 

必要のないアプリケーション、書類は捨てましょう

アプリケーション

お試しでインストールしたり、1度しか使用していなくてもう必要ないアプリケーションは思い切って捨てましょう。

もし必要になれば、もう1度ダウンロードすれば済みますからね。

 

書類

保存されている書類も必要ないのであれば、思い切って捨てましょう。

あまり開かないけども、必要な書類だというものは、外部ストレージに保存しましょう。

 

容量の大きいファイル

Mac内部ストレージのデータ容量の大きいファイルを検索し、不要なものをゴミ箱に捨てましょう。

必要なデータは、外部ストレージに保存しましょう。

※検索方法

Mac内部ストレージを開き、メニュー>表示オプションを表示を開きます。

すべてのサイズを計算にチェックを入れます。

Mac内部ストレージをリスト表示に切り替え、フォルダ上部のサイズをクリックしサイズの大きい順に並べ替えます。

 

最後に、ゴミ箱に入れたデータはしっかりと空にしましょう。

 



 

iTunesのデータを外部ストレージに変更しましょう

【変更方法】

ユーザ>ユーザ名>ミュージック>iTunesフォルダを外部ストレージの任意の場所にコピーします。

コピー完了後オリジナルフォルダの名前を変更し、バックアップとして残しておきます。

外部ストレージにコピーしたiTunesフォルダを、コマンドとオプションキーを押しながら元の場所にドラック&ドロップします。

右下に矢お印の付いたエイリアスフォルダが出来上がりました。

これで作業は完了!

起動テストをして、問題が無いようであればバックアップとして残しておいたオリジナルフォルダを削除します。

 

写真アプリのデータを外部ストレージに変更しましょう

【変更方法】

ユーザ>ユーザ名>ピクチャ>写真 Library.photoslibraryを外部ストレージの任意の場所にコピーします。

コピー完了後オリジナルフォルダの名前を変更し、バックアップとして残しておきます。

写真アプリを起動します。

メニュー>写真>環境設定を選択します。

Finderに表示をクリックして、外部ストレージの任意の場所にコピーした写真 Library.photoslibraryを選びダブルクリックをします。

ライブラリを切り替えと表示が出るので切り替えをクリックします。

これで作業は完了!

起動テストをして、問題が無いようであればバックアップとして残しておいたオリジナルフォルダを削除します。

 

iMovieのデータを外部ストレージに変更しましょう

【変更方法】

ユーザ>ユーザ名>ムービー>iMovieライブラリ

ユーザ>ユーザ名>ムービー>iMovie Theater

上記2つのデータを外部ストレージの任意の場所にコピーします。

コピー完了後オリジナルフォルダの名前を変更し、バックアップとして残しておきます。

iMovieを起動します。

ファイル>ライブラリを開く>その他を開きます。

どのライブラリを開きますか?と尋ねてくるので「場所を確認」をクリックします。

外部ストレージの任意の場所にコピーしたiMovieライブラリを選び、「開く」をクリックします。

これで作業は完了!

起動テストをして、問題が無いようであればバックアップとして残しておいたオリジナルフォルダを削除します。

 

まとめ

以上、私が実際に行っているMac内部ストレージの容量圧迫回避の紹介でした。

是非、試してみてください!!

 

という事で今回はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です