Macの調子が悪いと思ったらセーフモードで起動


 

動きが重い、もっさりしている、といったプチイラする時ないですか?

私は、良く独り言を言っています。

「遅いなぁ〜」と。

そんな時は1度、セーフモードで起動してみてください。

 

セーフモードとは?

Macの起動方法の 1 つで、起動時にさまざまなチェックをします。

何をしているかって言うと、一部のソフトウェアの起動を制限して、問題個所を見つけやすくし、起動ディスクのディレクトリチェックから修復をします。

また、フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、システムキャッシュなど様々なキャッシュを削除します。

Macの動きが重い、どんくさい、調子が悪いと感じた時に行う定番のメンテナンス方法です。

 



 

セーフモードで起動する手順

Macが起動している場合はシステム終了します。

システム終了後、10秒待ってから電源ボタンを押し、起動します。

「ジャーン」と起動音が聞こえたらすぐにshiftキーを押し、そのまま離さない。

Apple ロゴと進行状況インジケータが、画面に表示されたらShift キーを放します。

※セーフモードで起動すると、普段の起動よりも時間がかかりますがいろいろチェックしているので安心してください。

画面右上に「セーフブート」と赤文字が表示されたら成功です。

セーフモードで起動した時点で、不要なキャッシュの削除や修復作業は完了しています。

これですべてのメンテナンス作業は終了です。

再起動して普段通りに使用できます。

 

セーフモードで起動中に Mac が自動的に再起動する場合

起動ディスクのディレクトリが修復された可能性が有ります。

起動ディスクのディレクトリの修復が終われば自動的に再起動するようになっています。

Mac の電源が切れる場合

Mac と電源がしっかり接続されているか確認し、もう1度、セーフモードで起動してみてください。

セーフモードで起動時に、何度も再起動またはシステム終了する場合は、何か重大なトラブルが発生している可能性が有ります。

Apple サポート・Apple Store 直営店に相談するしかなさそうです。

 

まとめ

日々Mac を使用していると、いろんななキャッシュが溜まります。

便利に使用できるようにしているキャッシュですが、場合によってはそのキャッシュが悪さをしている場合が有ります。

そういった場合に、システムキャッシュを綺麗な状態にするのがセーフモードでの起動です。

Macの調子が悪い時、「再起動!ジャーンと鳴ったらすぐshift」で覚えておけば、手軽でにできて良いですね。

 

という事で今回はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です