巡音ルカV4X(For Mac)を外部ストレージにインストールする方法


 

MacでVOCALOIDを動かす

Vocaloid Editor 4 for Cubase(VOCALOIDを動かせるDAWソフト

Piapro Studio(DAWソフトでVOCALOIDを動かせるプラグイン

のどちらかが必要です。

私はDAWソフトは持っているので、後者のPiapro Studioで使いたいと思います。

 

巡音ルカV4Xのインストール

巡音ルカV4Xを動かすために、まずPiapro Studioをインストールします。

 

Piapro Studioのインストール

続けるをクリックしてインストールを続けていきます。

Piapro Studioはプラグインなのでカスタマイズはせずにインストールをクリックします。

ユーザーパスワードを尋ねられるので入力してソフトウェアをインストールをクリックします。

インストールが完了しました。の画面が出たら、閉じるをクリックして終了です。

 

巡音ルカV4Xライブラリのインストール

続いて、巡音ルカV4Xライブラリのインストールします。

VOCALOID4 Library MEGURINE LUKA V4X.dmgをダブルクリックしてマウントします。

マウントされたら、フォルダの中LUKA_V4X_Installer.pkgをダブルクリックします。

少し時間がかかりますが、気長にに待ちましょう。

続けるをクリックして進めます。

インストール先の画面が出たら、続けるをクリックします。

私の場合、MacBook Airを使用していて、ストレージの空き容量が足り無かったので下記写真のようにアラートが出ました。

ここでOKを押すと自動的にカスタムインストール画面になります。

空き容量が十分ある場合はカスタマイズを押せばカスタムインストール画面になります。

私の場合は容量が足りないので、外部ストレージにインストールします。

カスタムインストール画面の中央の場所の下のフォルダをクリックします。

プルダウンメニューからその他を選択し、任意の場所に任意のフォルダを作成し選択をクリックします。

すべての項目も全て外部ストレージの作成したフォルダに設定しインストールをクリックします。

ユーザーパスワードを尋ねられるので入力してソフトウェアをインストールをクリックします。 

インストールが完了しました。の画面が出たら、閉じるをクリックして終了です。

 



 

巡音ルカV4Xのアクティベート

アプリケーション>VOCALOID >VOCALOID License Managerをダブルクリックします。

ユーザーパスワードを尋ねられるので入力します。

製品のアクティベーションを実行しますにチェックが付いているので次へをクリックします。

このコンピューターはインターネットに接続されていますにチェックが付いているので次へをクリックします。

ライセンス登録カードに記載されているシリアルコードを入力し、次へをクリックします。

アクティベーション成功の画面が出ます。

ディアクティベーションについての内容が記載されているのでよく読んでください。

OKをクリックして完了です。

 

という事で今回はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です