#01 プラグインって何?〜インストール方法


 

プラグインって何?

プラグインって言葉、あまり聞かないですよね。

WordPressの公式オンラインマニュアル(WordPress Codex日本語版)によると、

「プラグインは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。

WordPress のコアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったプラグインを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。」

と、あります。

WordPressには色々な機能があるのですが、作り手によって欲しい機能はさまざまなので、欲しい機能をWordPressに追加して、簡単で便利にしてくれるのがプラグインです。

痒いところに手が届く、そんなイメージでWordPressをカスタマイズできるプログラムのことです。

例えばWebサイトの見た目の変更の手助けや、ブログ投稿を手助けするビジュアルエディター、SEO対策、お問い合わせフォームの設置、等たくさんのプラグインが有料、無料問わず有ります。

こんな便利なプラグインを使用することによって、作り手による独自のWebサイトを制作出来ます。

しかし、いくら簡単で便利だからと言っても、プラグインの種類は大変多く、なんでもかんでもインストールしていると、Webサイト自体が重くなり表示が遅くなったり、プラグイン同士が干渉しあったりと、不具合が出たりしますので、ほどほどにしたほうがよさそうです。

ほどほどって難しいんですけどね。。。

 



 

プラグインのインストール方法

メニューからプラグインの新規追加をクリック。

検索窓にプラグイン名を入れて検索します。

インストールするプラグインが見つかったら、今すぐインストールをクリック。

これで、WordPressにプラグインがインストールされます。

ですが、インストールされただけでプラグインはまだ使えないので、プラグイン一覧から該当するプラグインを選択して有効化します。

これでWordPressのプラグインのインストールは完了です。

インストール完了後は、それぞれプラグインの設定画面で設定・カスタマイズしてください。

 

プラグインのアップデート

機能が新しくなったり、セキュリティ効果が高くなったりと、プラグインのバージョンアップが発表されると、通知がきます。

基本的に、バージョンアップされたらアップデートしましょう。

しかし、プラグインをアップデートした際にまれに不具合が生じることがあるので、アップデートする前はWordPressのバックアップをおすすめします。

予期せぬトラブルに備えバックアップをとっておけば安心ですね。

 

という事で今回はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です