#03「VK All in One Expansion Unit」メイン設定


 

前回、VK All in One Expansion Unit」の有効化設定を見ていきました。

詳しくはこちら「素人ホームページ制作!厳選プラグイン!#02「VK All in One Expansion Unit」有効化設定」をご覧ください。

今回はメイン設定でどんなことができるのかを見てみましょう!

 

VK All in One Expansion Unitメイン設定

メニューからVK ExUnitのVK メイン設定をクリック。

ExUnit Main setting画面が開きます。

このページで使用したい機能の設定をしていきます。

 

トップページの<title>タグ

通常「サイトのタイトル」が全ページのタイトルタグに入ります。

<title>投稿ページ名 | サイトのタイトル</title>

トップページでは<title>サイトのタイトル | キャッチフレーズ</title>

というような形式で出力されます。

上記の形式では長くなりすぎる事があるので、下記の入力欄に入力すればその内容が反映されます

 

メタキーワード

全てのページで使用する共通のメタタグに入力するキーワードを設定します。

複数ある場合は「,」で区切ります。

 

メタディスクリプション

各ページの編集画面の「抜粋」欄に記入した内容がmetaタグのディスクリプションに反映されます。
トップページのメタディスクリプションにはサイトのキャッチフレーズが適用されます。
しかし、トップページに設定した固定ページに抜粋が記入されている場合はその内容が反映されます。
* 抜粋欄が表示されていない場合は、編集画面の右上に「表示」というタブがありますので、そこをクリックすると「抜粋」欄を表示するチェックボックスが出てきますので、チェックして下さい。

 



 

SNSセッティング

facebookアプリケーションID

アプリケーションIDを入力します。

※アプリケーションIDを入力しないとボタンやコメント欄が表示・正しく動作しません。

FacebookページURL

URLを入力します。

デフォルトのOGPイメージ

Facebookのいいね!ボタンを押した際、ここで設定した画像が Facebook のタイムラインに表示されます。

ページにアイキャッチ画像が指定されている場合は、アイキャッチ画像が優先されます。

twitterアカウント

@マーク以降を入力します。

OGタグ

OGタグの出力を選択します。

他のプラグインやテーマでOGタグを出力している場合は必要ありません。

Twitterカードタグ

Twitter カードタグのhtml head内出力を選択します。

※TwitterカードタグはTwitterでシェアされる際に、画像や記事概要をTwitterのタイムライン上へ表示するためのmetaタグです。

ソーシャルボタン

ソーシャルブックマーク(シェアボタンやtweetボタン)を表示を選択します。

表示中のページをソーシャルネットワーキングでシェアするボタンを、本文下部分へ表示します。

 シェアボタンを表示しない投稿タイプ:シェアボタンを表示しない投稿タイプを選択します。

 シェアボタンを表示しない投稿のID:シェアボタンを表示しない投稿のIDを入力します。

Follow me box

Follow meユニットの表示を選択します。

 Follow me box の見出しテキスト

 見出しテキストを入力します。

 

Google Analytics設定

GoogleアナリティクスのIDを入力するだけで、Googleアナリティクスのトラッキングコードをサイトへ埋め込みます。

GoogleアナリティクスのIDを入力してください。

 

お問い合わせ情報

電話番号やお問い合わせ先URLを設定すると、お問い合わせ情報を本文記事下に表示してくれます。

メッセージ、電話番号、営業時間、お問い合わせ先URL、お問い合わせボタンに表示するテキスト等、必要な項目を入力してください。

 

HTMLサイトマップの設定

除外ページ設定

HTMLサイトマップから除外したい固定ページのIDを入力します。

複数のページを除外する場合は 「,」で区切ります。

 

Call To Action

使い方

CTAの一覧を表示をクリックし、開いたページで新規追加をクリック。

このページで設定をし作っていきます。

投稿、固定ページ、adsで表示しない・ランダム表示を選択します。

 

 

 

広告の挿入

記事の最初・記事中(moreタグの直後)・記事の最後に広告を挿入出来ます。

バナーリンクタグやテキストリンク、GoogleアドセンスのようなJavaScriptで広告を表示するタイプのものにも対応しています。

広告を表示させたい場所にタグを入力して下さい。

2つ広告タグが登録された際は、2つの広告が横並びに表示されます。

 

VK All in One Expansion Unitを入れるメリット

このプラグインをインストールするだけで、ブログやWebサイト作成に必要な機能が装備されるのでとても便利です。

私のような初心者の方でも、すごく簡単にカスタマイズできるので、是非使ってみてください。

 

という事で今回はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回は「VK All in One Expansion Unit」ウィジェットについて解説します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です