「Googleアナリティクス」の登録・設置方法


 

Googleアナリティクスとは、Googleの無料サービスで、登録しておけばWebサイトのアクセス解析ができるツールです。

Webサイトの現状把握であったり、アクセス成果を最大限にするために分析・解析をすることができます。

SEO対策を行う上では、必須のツールであるGoogleアナリティクスの登録・設置方法について解説します。

 

Googleアナリティクス登録・設置方法

Googleアナリティクスの登録にはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントを持っていない場合は、アカウントを作成してください。

 

Googleアナリティクスにログイン

Googleアナリティクスにアクセスします。

Googleアナリティクス

Googleのログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力し、ログインをします。

 



 

Webサイトの登録

Google アナリティクスにログインすると、申し込みページが開きます。

「Googleアナリティクス使用を開始」の「お申し込み」ボタンをクリックします。

新しいアカウントページが開くので、情報を入力します。

トラッキングの対象:「ウェブサイト」を選択します。

アカウント名:自分で分かりやすい名前を入力します。

ウェブサイト名:Webサイト名を入力します。

ウェブサイトの URL:WebサイトのURLを入力します。

業種:プルダウンメニューから選択します。(選択した業種によって、目標設定のテンプレートが変わります。)

レポートのタイムゾーン:日本を選択します。

データ共有設定:特に問題がなければデフォルトのままで大丈夫です。

すべての入力が完了したら、「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。

Googleアナリティクス利用規約画面が開くので、「同意する」ボタンをクリックします。

 

トラッキングコードの設定

「同意する」ボタンをクリックすると、トラッキングコードの画面が開きます。

トラッキングコードをコピーし導入するWebサイトに設定します。

 

プラグイン「All in One SEO Pack」使用の場合

WordPressにログインし、メニューのAii in One SEOから一般設定をクリックします。

All in One SEO Pack プラグイン設定ページが開くので、Google設定の項目でGoogleアナリティクスIDにトラッキングIDをコピーペーストします。

高度な分析オプションのチェックを有効にします。

トラッキングからユーザーを除外の項目全てにチェックを入れます。

画面下の「設定を更新」をクリックして完了です。

 

トラッキングコードをWebサイト内に埋め込む場合

WordPressにログインします。

メニューの外観からテーマの編集をクリックします。

テーマの編集画面で、Header.phpをクリックします。

</head>の上の段に先程コピーしたトラッキンコードをペーストし、「ファイルを更新」ボタンをクリックし、完了です。

 

まとめ

今回はGoogleアナリティクスの登録・設定方法ついて解説しました。

「Googleアナリティクス」は結構難しくて私も絶賛勉強中です。

みなさんも一緒に勉強していきましょう!

 

という事で今回はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です