「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」の登録・設置方法


 

Google Search Console(旧:ウェブマスターツール)とは、Googleの無料サービスでサイト管理者向けのツールです。

Googleの検索結果でのWebサイトのパフォーマンスの状況把握であったり、自分のWebサイトが Googleにどのように認識されるかを確認し、検索結果でのパフォーマンスを最適化できるようになります。

SEO対策を行う上では、必須のツールであるGoogle Search Consoleの登録・設置方法について解説します。

 

サーチコンソール登録・設置方法

サーチコンソールにログイン

サーチコンソールの登録にはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントを持っていない場合は、アカウントを作成してください。

サーチコンソールにアクセスすると、Googleのログイン画面が表示されます。

Google Search Console

メールアドレスとパスワードを入力し、ログインをします。

 



 

Webサイトの登録

サーチコンソールにログインすると、サイトを登録する画面が表示されます。

ウェブサイトを選択し、WebサイトのURLを入力して、「プロパティを追加」ボタンをクリックします。

既に他のWebサイトでサーチコンソールを設置している場合は、そのWebサイトが表示されるので、「プロパティを追加」ボタンをクリックすると、プロパティを追加画面が表示されます。

ウェブサイトを選択し、WebサイトのURLを入力して、「追加」ボタンをクリックすると、新たにWebサイトを追加できます。

 

サイトの所有権の確認

「◯◯◯◯◯のサイトの所有権を確認します。」という画面が表示されるので、「別の方法」をクリックします。

「別の方法」の画面でHTMLタグにチェックを入れると、メタタグが表示されます。

このメタタグを使い導入するWebサイトに設定します。

 

プラグイン「All in One SEO Pack」使用の場合


表示されたメタタグの「content=」の「“」〜「”」の間の◯◯◯の部分をコピーします。

<meta name=”google-site-verification” content=”◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯” />

 

WordPressにログインし、メニューのAii in One SEOから一般設定をクリックします。

All in One SEO Pack プラグイン設定ページが開くので、ウェブマスター認証の項目でGoogle ウェブマスターツールにペーストします。

更新が完了したら、サーチコンソールの画面に戻り、「確認」ボタンをクリックします。

「◯◯◯◯◯の所有権が認証されました」と表示されれば登録は完了です。

続行をクリックすると、サーチコンソールのダッシュボードが開き使用できます。

 

メタタグをWebサイト内に埋め込む場合

WordPressにログインします。

メニューの外観からテーマの編集をクリックします。

テーマの編集画面で、Header.phpをクリックします。

</head>の上の段に先程コピーしたメタタグをペーストし、「ファイルを更新」ボタンをクリックします。

<meta name=”google-site-verification” content=”◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯” />

更新が完了したら、サーチコンソールの画面に戻り、「確認」ボタンをクリックします。

「◯◯◯◯◯の所有権が認証されました」と表示されれば登録は完了です。

 

続行をクリックすると、サーチコンソールのダッシュボードが開き使用できます。

 

まとめ

今回は「Google Search Console」の登録・設定方法から、「All in One SEO Pack」のウェブマスター認証への設置について解説しました。

「Google Search Console」は結構難しくて私も絶賛勉強中です。

みなさんも一緒に勉強していきましょう!

 

という事で今回はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です