SONYヘッドホンMDRシリーズイヤーパッド交換


 

かなり長い期間お世話になっているヘッドホン、SONYのMDR-7506通称「青帯」と「赤帯」と呼ばれるMDR-CD900ST。

どちらも使用していましたが「赤帯」と呼ばれるMDR-CD900STのイヤーパッドは、スポンジがぺったんこになっていて、使える状態ではありません。

「青帯」と呼ばれるMDR-7506のイヤーパッドももうボロボロになっていて、使用していると表面の素材がひび割れ、剥がれて耳周りに付着しているような状態でした。

そんな状態でも使用を続けていたのですが、ほとんど無くなってしまい、ただのスポンジだけみたいな感じになってしまい、今回交換しようと思い立ちました。

 

イヤーパッド購入

イヤーパッドを交換すると、音が変わってしまうらしく、不安はあったのですが、このままでは結局使えないので交換する事にしました。

イヤーパッドは、Amazonにて購入!

ホントAmazonって便利ですよね。

メーカーはBlueFireで2個で¥766です。

このイヤーパッドはMDR-CD900ST「赤帯」とMDR-7506「青帯」両方に使用できるとの事。

SONYの純正ではないので、音が変わってしまう可能性があるという所でかなり迷ったのですが、価格の安さに惹かれて購入しました。

 



 

イヤーパッド交換

いざ交換作業に入ります。

まずは本体のヘッドホンに付いているイヤーパッドを外します。

購入したイヤーパッドは純正に比べ、ヘッドホンに引っ掛ける部分がかなり幅広くとってあります。

実際ヘッドホン本体のツバの部分は5mm程しかありません。

これは最悪、ハサミでカットしなければいけないかもと思いながら、とりあえず装着してみます。

本体にパッドを当て滑らせながら半分くらい引っ掛けます。

ここからが大変なのですが、引っ掛ける部分を摘み本体のつば全体に被せます。

ここから少しずつズラしながら本来の引っ掛ける場所にはめていきます。

やはり引っ掛ける部分が大きい分、装着は楽なのですが若干余っているように感じます。

そこでステンレス定規を使い、押し込んでいきます。

これで結構ハマリも良くなりました。

2つ目も同じように装着します。

作業時間は10分程度です。

両方装着したところて、1度被ってみます。

イヤーパッドが耳にフィットする位置に、少し回して調整します。

これで作業は完了です。

 

まとめ

交換自体はそんなに苦労はしませんでた。

パッドは純正よりも少し硬いかなって感じですが、言うほどではありません。

音質も純正ではないので、凄く変わるのかって思ったていたのですが、そんなに感じませんでした。

是非、参考にしてもらえればと思います。

という事で今回はここまで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です